三建産業で働く先輩たちにインタビュー!仕事について、研修について、ライフワークバランスについての生の声はここでチェック!
失敗も成功のための糧に
 会社の好きなところは、社員の提案を認めてもらえやすいところです。例えば、設計で今までにない方法を提案すると、お客様の要望を最大限かなえるためにそれが最適だと判断されればチャレンジさせてもらえます。社長から、失敗を「成長のための勉強代」だと言っていただいたことがあり、三建産業はリスクを恐れて挑戦させないのではなく、失敗は今後の成功のための糧になると考え、社員の挑戦を応援してくれる会社です。
 たまに女性の少ない業界での苦労を聞かれることがありますが、今のところ困ったことはひとつもないです。女子学生の皆さん、その点で臆してしまったらもったいないですよ!(笑)

2009年新卒入社 設計

中国赴任と働き方の変化

2006年新卒入社 設計

 中国のグループ会社に2016年から3年間赴任していました。中国で学んだことは、中国語と仕事に対する考え方です。赴任から1ヶ月ほどは、外を出歩くのも怖いと感じるほどコミュニケーションや社会常識の違いに不安を感じていましたが、必死にコミュニケーションをとるうちに、日常生活や仕事に支障がない程度には中国語の能力を身に着けることができました。また仕事においては、グループ会社の社員がほとんど残業をしないことに衝撃を受けました。中国では仕事よりも家族やプライベートを大事にする文化があり、仕事が遅れていようが残業はほとんどなく、時間の使い方が日本と違うと感じました。
 この中国赴任の経験は、初めは大変でしたが自分にとって非常に良い経験になりました。
子育てと仕事の両立
 子供を産んだあとは残業も難しく、仕事にかけられる時間は少なくなってしまいましたが、そのぶん仕事の効率が格段に良くなりました。最初はあれもこれもとやらなければならないことばかりが思い浮かんで辛かったのですが、「この子が元気だったらそれでいいや!」と思えるようになってからは、肩の力が抜けて育児を楽しめるようになりました。両立の肝は開き直りだと思います(笑)
 三建産業はアットホームな雰囲気があり、ほかの社員と育児の相談をしたり、家族ぐるみで遊んだりできるのが子育てをしながら働くうえではいい会社だと思います。

2010年中途入社 品質管理

ものづくりでは「違い」もメリットに

2013年新卒入社 設計

 日本で生活するうえで、考え方や文化の違いを痛感することが多々ありました。しかし仕事においては、「いい炉を作る」というブレない一つの目的があるので、考え方や文化の違いは、むしろ新しい方向性を生みだすための強みになります。特に三建産業の場合、お客様に合わせてオーダーメイドで製品を作るため、一人ひとりの考え方の違いが会社全体の強みになっています。
若い人の成長が元気の源
 工業炉は、社内だけでなくお客様や協力会社の方など、様々な方とともに作り上げるため色々な苦労がありますが、その苦労を乗り越えて操業できた時の喜びは仕事へのモチベーションにつながっています。
 また、最近は現場で若い人に教えることが多く、1~2年で驚くほどに技術があがっていく頼もしい姿に元気をもらいますし、自分が若い時のことを思い出して懐かしくも思います。大手のお客様からも信頼を得ている三建の技術・サービスが今後に受け継がれるよう、丁寧に指導していきたいと思います。

2004年中途入社 SV

三建の強みは粘り強さ

1996年新卒入社 営業

 三建産業の強みは、お客様に恵まれていること、自動車、鉄鋼など様々な業界で柱となる製品を持っていること、そしてどんなにトラブルがあっても最後まで逃げない粘り強さだと思います。トラブルが続くと逃げてしまうメーカーもある中、うまくいくまで何度でもトライする姿勢がお客様に買われ、リピートオーダーが多いのだと思います。
 粘り強く取り組む姿勢はそのまま仕事の忙しさにもつながり、そこを踏ん張って乗り越えることで、お客様の満足だけでなく自分の成長も得られます。残業代もきっちりつきますしね(笑)
 三建に入社したら、ぜひ何事にも粘り強く取り組んで、自分にとってもお客様にとっても「いい仕事」をしてください。