エンジニアリングの現場で実際にどんなことが起き、社員がその状況にどのように立ち向かっているのか、リアルな仕事の様子をお伝えします!
01 未来をひらく溶解炉、S-MIC(エスミック)
「S-MIC(エスミック)」は当社と顧客の共同開発による、世界初のオール電化のアルミ溶解保持炉です。
 
STAFF
2004年入社。入社5年目の2009年、S-MIC開発における技術部門の担当者に。
環境にやさしい、新しい炉をつくろう
S-MIC開発以前も、溶解に補助的にヒーターを使用することはあったので、大容量ヒーターさえあれば、オール電化での溶解も可能だろうというのは、技術者であれば自然と出てくる発想でした。しかし、当時の溶解用のヒーターはパワーが小さいものばかりでオール電化の実現には程遠かった。当時は温室効果ガス削減に注目が集まっていましたし、三建産業としても新しい市場を開拓する目玉商品を求めていましたから、「ヒーターさえあれば…」という話はよく出ましたが、その時はまだ、誰もが遠い夢だと思っていました。
転機になったのは、2006年、ドイツで開催された展示会で、フランスのメーカーが開発した40kwの大容量ヒーターに出会ったことです。念願の、オール電化溶解を可能にするパワーを持つヒーターが見つかった。オール電化溶解炉実現への期待が急激に高まりました。 また時を同じくして、本社社屋が広島県中区から安佐南区へと移転。製造工程を担うグループ会社の工場も敷地内に併設され、開発のためのテスト炉製作がしやすい環境が生まれました。材料も、環境も整ったことで、「それなら、まずはやってみよう」という声があがりました。社内では「走りながら考える」という言葉で表現されるんですが、まずはやってみる、やりながらも考える、最後まであきらめない、というのが三建産業のやり方なんです。
何度転んでも
新商品の開発へとスタートを切った三建産業ですが、その過程はトライアンドエラーの繰り返しでした。 その中でも最大の問題は、ヒーターの破裂です。 ある日のテスト中、炉から何かが砕けたような音が聞こえました。炉の中を覗き込むと、溶湯内の様子が明らかにおかしい。恐る恐るヒーターを引き上げると、チューブが粉々に砕けた状態のヒーターの残骸が…。 すぐにヒーターを開発したフランスのメーカーに連絡を取ってみましたが、原因解明は困難との返答です。私たちは自分たちでこの問題を解決するしかない、と覚悟を決めました。
まず、ヒーターチューブの耐衝撃性やヒータの素材、構造などについてデータを集め、その情報をもとに考え得る原因についてひたすらアイデアを出し合いました。ヒーターのショートなのか、ヒータチューブに欠陥があったのではないか・・・いくつかの仮説と否定が繰り返されたのち、一人の技術担当者がヒーター素材の性質に注目しました。その性質のせいで加熱の際にヒーター内部が非常に高圧になったことが原因ではないか、というのです。 実験データもその仮説を裏付けるものとなり、私たちは無事にこの問題をクリアすることができました。 初めての取り組みで社内にも業界にも経験者がいない中、このように手探りで少しずつ開発を進めていったんです。
これからも、未来につながるものづくりを
2010年5月、試行錯誤の末に、ついにS-MIC一号機が納入されました。 ただし、普及にはまだ課題を抱えています。よりたくさんのお客様に使っていただくための設備の大型化やコストダウン、そして火力発電に頼らない電力供給のインフラ整備など。特にインフラ整備に関しては、当社だけの力では解決できないため、お客様やほかのメーカーなどにも協力を呼びかけていかなくてはいけません。
持続可能な社会の実現に向けた動きはますます高まっていますし、再生可能エネルギーの研究・普及活動も少しずつですが進んでいます。困難は多くても、私たちが目指している方向は間違いなく、この国や世界が進んでいく方向と合致している。そう信じて、これからも未来につながるものづくりを続けていきます。