お客様の
「ありがとう」が
一番嬉しい
2008年新卒
安来営業所 所長
広島大学出身
キャリアパス
研修時期 営業・メンテナンス 新規案件の提案や既存炉のメンテナンスを通じ、お客様の生の声に触れるとともに工業炉の基礎を学ぶ
設計 アルミリサイクル関連設備の設計、現地据付、現地試運転を担当し、工業炉の仕組みや当社の技術について学ぶ
本配属 営業職 営業・メンテナンス職として近畿エリアの、主に鉄鋼/メッキ業界のお客様を担当
営業職として山陰、四国、兵庫、韓国エリアの主に鉄鋼/特殊鋼業界のお客様を担当
営業所長 安来営業所の立ち上げを任され、所長として山陰エリアの主に鉄鋼/特殊鋼業界のお客様の営業/メンテンナンスを担当
信頼関係をつくるのは…
営業の仕事をする上で一番大切だと考えていることは、お客様との信頼関係です。特にこれまで取引のない新規のお客様の場合、三建産業や私を信頼してもらうことから営業活動がスタートします。そのためには、最新設備など三建産業の技術のPRや、お客様の困りごとのヒアリング・改善提案といった日々の業務のなかで、「こいつは俺たちがやりたいことをよくわかっている」「嘘のない答えをくれる」というお客様からのいい印象をコツコツ地道に積み重ねていくことが大切です。もちろん、仕事をいただいたあとはその信頼を裏切らないよう、これまで以上に気を引き締めて対応を行います。
妥協はしない
私たち営業は何としても、「他社ではなくうちに頼みたい」とお客様に思ってもらわなくてはなりません。しかし私は、単に金額で勝負するのではなく製品とサービスの価値で勝負しなくてはならないと思っています。金額勝負となると、部品選定や設計で妥協しなければならない点が多くなり、製品の質が下がってしまうからです。それよりも、納入後のことまで考慮し、操業面や安全面で+αのメリットをつけた提案を行うほうが、お客様にとってもうちにとってもいい結果につながる。実際、そのようにご提案・納入させていただいた製品は長く安定して稼働し、お客様の満足が得られていると感じています。
お客様の「ありがとう」が一番嬉しい
仕事を受注したときやお客様の工場に工業炉を納入したときなど、この仕事でやりがいを感じる場面は色々ありますが、やはり一番のやりがいを感じるタイミングは、お客様から「ありがとう」のお言葉をいただいたときです。そういった感謝の言葉をいただくため、日々親身になって相談にのり、難易度の高い内容であってもお客様と一緒になって諦めず対応することを大切にしています。そういったお客様と一緒になって諦めずに対応する姿勢は、私だけでなくうちの会社全体の社風でもあると思いますよ。
ある1日の様子
8:45 出社。打合せ資料を確認し、お客様先に移動。
9:00 お客様先で新規案件の仕様・既存設備のメンテナンス計画について打合せ
11:30 お客様の工場で稼働中設備の状況を確認
12:00 昼食。地元の名物料理を堪能
13:00 午後の打合せに向けて資料確認、移動
13:30 お客様先で新規案件の仕様打合せ
15:00 以前当社設備を納入したお客様から、現在の稼働状況や課題などを聞き取り
16:00 お客様先から営業所に移動し、打合せ内容を社内に報告/連絡/相談
17:25 帰宅
学生の皆さんへのメッセージ
大手企業や注目業種だけではなく、中小企業でも面白い企業は多くあるので、企業規模や業種を絞らずに広い視野を持って企業訪問等の情報収集をしてください。そういった幅広く情報収集することは就職活動での企業選びにおいて役立つこと以外でも、就職してからの社会人生活でも知識として役立つことが必ずあります。 また、何事にも自ら積極的に取り組み、吸収していくことが、自身の成長の最短ルートだと思います。そうすることで、上司や同僚、後輩からも頼られる存在になれます。失敗を恐れず、果敢に挑戦して経験を積むことが大事です。