ホーム > NEWS > NEDOプロジェクトへの参加について

NEDOプロジェクトへの参加について

2021年5月27日

弊社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(通称NEDO)が公募した「エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」に、「アンモニアを燃料とした脱炭素次世代高性能工業炉の基礎研究」というテーマにて産学5機関協同で応募し、21年3月24日に採択、同年5月24日に正式契約を締結致しましたのでお知らせいたします。

 

近年、2050年の温室効果ガスの排出実質ゼロの目標に向けて、燃料のカーボンフリー化が喫緊の課題となっています。

中でもアンモニアは既に大量生産技術が確立され、水素より低コストで効率良く輸送・貯蔵でき、燃焼時にCO2を排出しない燃料として、温室効果ガスの排出量削減に大きな利点があると期待されています。

 

今回の研究は、アンモニアを燃料とした燃焼技術の開発から一歩前進し、リジェネレイティブバーナにおけるアンモニア高温空気燃焼技術を確立することを目指すもので、工業炉業界における先導的役割を担うとともに、今後の日本における脱炭素化実現に大きく貢献できると考えます。

 

プロジェクト概要

【研究開発課題】

産業部門における高温加熱プロセスの小型化・省エネルギー化・脱炭素化のための革新技術の開発

【研究テーマ】

「アンモニアを燃料とした脱炭素次世代高性能工業炉の基礎研究」

【研究開発体制】

国立大学法人 北海道大学
国立大学法人 東北大学
国立大学法人 広島大学
ロザイ工業株式会社
三建産業株式会社