ホーム > 事業紹介 > 設備改善の提案

設備改善の提案

連続式鉄鋼加熱炉 燃料転換工事

燃料転換前(燃料:LSA重油)
燃料転換前(燃料:LSA重油)
工場組立中の加熱炉
工場組立中の加熱炉

本工事は、ウォーキングビーム式加熱炉の燃料転換と上部炉体の更新を行ったもので、解体から試運転まで35日間と短い停止期間で操業再開しました。工事完成後の加熱能力は約8%向上し、燃料原単位は約9%低減しております。また、炉内圧力の適正化と炉壁の断熱強化により、炉壁表面温度を大幅に低下させ作業環境も改善しました。

アルミ溶解炉 ガス化燃料転換工事

燃料転換前(燃料:A重油)
燃料転換前(燃料:A重油)
燃料転換後(燃料:都市ガス13A)
燃料転換後(燃料:都市ガス13A)

反射式アルミ溶解炉の重油バーナをガス焚きリジェネレーティブバーナに変更しました。燃料原単位が約30%改善され、CO2排出量は天然ガスへの転換による削減と合わせ50%低減しました。また、溶湯温度および雰囲気温度の自動制御化により操炉作業の省力化も達成しました。

ロール熱処理炉 ガス化燃料転換工事

燃料転換前(燃料:A重油)
燃料転換前(燃料:A重油)
燃料転換後(燃料:都市ガス13A)
燃料転換後(燃料:都市ガス13A)

台車式のロール熱処理炉の燃料転換にともない、高速バーナを天井に配置し、ON/OFFサイクル制御とゾーンフリーシステムの採用などにより、炉内温度分布が改善され、燃料原単位、NOx、CO2、CO排出量も低減されました。

ロータリーハース式鍛造加熱炉のリニューアル

従来型ロータリーハース式加熱炉
従来型ロータリーハース式加熱炉
新型ロータリーハース式加熱炉
新型ロータリーハース式加熱炉

当社は、型鍛造の材料加熱用として使用されるロータリーハース式加熱炉に画期的な改善を行いました。50%以上の省エネルギーとスケールロス低減を達成し、さらに、材料の装入・抽出の自動化により従来の暑熱作業から改善しております。また、炉床を炉外に搬出してメンテナンスできる機構も装備しております。