ホーム > 事業紹介 > 安全・衛生活動

安全・衛生活動

 三建産業では、労働安全衛生管理体制を整備し、安全及び衛生管理の業務について実施すべき基本的事項を定めています。また、日々KY活動(危険予知活動)、TBM(ツール・ボックス・ミーティング)、安全パトロール等の安全活動を実施している他、安全大会を拠点ごとに開催し、協力会社と一体となった安全啓発活動に取り組んでいます。
 そのほかにも次のような取組を実施し、お客様・パートナー・社員の安全・衛生の確保に努めています。



三建の取組①:設備安全の日

 毎年8月29日を「設備安全の日」と定め、工業炉の安全性に対する意識向上や情報共有のためのシンポジウムを開催しています。
 2019年は、過去の重大事故の振り返りや安全性改善事例の共有を行ったほか、メンテナンス業務における好事例を紹介し、他現場への横展開を図りました。

三建の取組②:安全体感研修


 安全意識と危険回避能力の向上を図るため、現場で起きうる高所からの落下や感電などの危険を擬似的に体感する安全体感研修に参加しています。(中電工殿で開催)

三建の取組③:救命救急講習


 万一の事態においても作業者の命を守ることができるよう、外部講師を招き、救急救命に関する知識・スキル習得のための講習を行っています。