ホーム > 環境への取り組み > 環境経営計画

環境経営計画と2020年度活動状況

 8つの目標からなる当社の環境経営計画と、2020年度の活動状況について概要をご紹介します。 詳細は下記環境活動レポート2020年度版でもご確認いただけます。

目標① 環境配慮商品技術の開発と拡販

アルミUBCリサイクル設備立ち上げ

 当社の直接契約では海外初となるアルミUBC(使用済み飲料缶)リサイクル設備(IDEX)の立ち上げを行いました。 デラッカリング(塗料除去)を行います。

目標② 温室効果ガス排出量削減

基準年から

-11%

(目標:基準年から-2%)

 電力、ガス、ガソリン使用量の削減に取り組んでおり、今年は照明LED化を行ったことで目標よりも大幅に使用量を削減できました。

■本社事務所、工場事務所照明のLED化が完了

目標③ 廃棄物排出量削減

基準年から

+3%

(目標:基準年から-2%)

 紙などの一般廃棄物の削減に取り組んでいますが、今年は古い図面のPDF化等を推進した結果、目標を上回る排出量となりました。 来年度は書類の電子化等を継続して行い、排出量削減を目指します。

目標④ 総排水量削減

 当社では地下水(井戸水)を組み上げて利用していることから、数値目標は設定していませんが、水道設備の維持管理や節水ポスターの掲示などで 総排水量削減に取り組んでいます。

目標⑤ 化学物質使用量の適正管理

 工場で使用する塗料、シンナーの購入使用量の記録、MSDS制度に準拠した調達、国内外への部品販売時の非含有証明書の添付等、 化学物質使用量の適正管理に取り組んでいます。

目標⑥ スクラップ率の低減

18.3%

(目標:スクラップ率10%以下)

 効率的な鋼材カットによる工場でのスクラップ率低減に取り組んでいますが、今年度は資材整理を実施した結果、目標を上回る数値となりました。

目標⑦ 環境関連法規の遵守

0件

 当社の事業活動において該当する環境関連法規をチェックし、違反は0件でした。

目標⑧ 環境保全意識の定着・向上

 環境方針、環境目標の社内周知やポスター掲示により、社員の環境保全意識の定着・向上を目指しています。