沿革

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

1949年 広島県安芸津にて耐火煉瓦販売の「三建産業株式会社」を設立
資本金18万円、社員4名、初代社長 万代淑郎
1956年 資本金150万円に増資
1958年 宇品第一倉庫完成
1959年 創立10周年。資本金250万円、売上高1億3060万円、社員23名
1960年 本社を広島市に移転
1962年 一般家庭、業務用にロケットボイラーを発売
1964年 資本金1000万円に増資。売上高2億円、社員50名
1965年 出島工場完成
1969年 創立20周年。資本金2500万円、売上高10億円、社員100名
1970年 広島市中区東千田町に本社ビル竣工。資本金3000万円に増資
1970年 中外炉工業殿と連続加熱炉で技術提携
1971年 資本金5000万円、売上高15億円、社員129名
1972年 東京営業所を開設。従業員141名
1976年 売上高29億円、社員161名
1977年 大阪営業所を開設
1979年 創立30周年。社長万代淑郎が会長に、副社長三浦四郎が社長に就任。
売上高35億円
1979年 台湾 漢洋工程に連続加熱炉を技術供与
1980年 サンファーネス殿と電気炉分野で協業開始
1981年 資本金7000万円に増資。売上高60億円
1982年 名古屋営業所を開設
1982年 神戸製鋼所高砂製作所殿構内に高砂事務所を開設
1982年 メンテナンス技術部を発足させ、顧客サービスを充実
1989年 創業40周年。売上高76億8,000万円
1989年 アメリカのCORECO社から「スウェットファーネス」を技術導入
1990年 資本金9500万円に増資
1990年 「三建テック株式会社」を設立
1991年 営業部から海外部門を分離し、海外室を新設
1992年 売上高101億5,000万円
1992年 商事部門を独立し、「株式会社三建アクセス」を設立
1993年 社長三浦四郎が会長に、専務万代峻が社長に就任
1993年 北海道事務所を開設
1993年 NEDOの高性能工業炉開発プロジェクトに参加
1993年 韓国 三千里機械に技術供与 (連続加熱炉、ON/OFF交番など)
1994年 「キリコメルター」が社団法人日本機械工業連合会の
「優秀省エネルギー機器」を受賞
1995年 アメリカHOLCROFT社に技術供与 (メルタワー、熱処理炉など)
1996年 イギリスCAMLAW社とクロスライセンス契約を締結
1996年 イギリスSAS社からUBC、切粉用前処理装置「IDEX」を技術導入
1996年 スペインINSERTEC社に技術供与 (メルタワー、キリコメルターなど)
1997年 中国の東北大学と合弁で「沈陽東大三建工業炉製造有限公司」を設立
1999年 創立50周年。売上高52億円、社員131名
1999年 ISO9001の認証取得 (審査機関:BVQI 認定機関:UKAS)
2000年 韓国SAC社に技術供与 (ON/OFF燃焼熱処理炉、連続加熱炉、切粉溶解炉など)
2001年 「ドロスバック」のレンタル事業を開始
2002年 アルミ用高機能耐火材を米国より輸入し本格使用を開始
2002年 ベルギーFIB社から線材分野の技術導入
2003年 高機能耐火材「サームボンド」の国内独占販売権を取得
2003年 富山県高岡市に北陸出張所を開設
2005年 サンファーネス殿と電気炉分野で業務協力協定を締結
2005年 中国 昆山に昆山事務所を開設
2005年 大型ウォーキングビーム式連続加熱炉で中外炉工業株式会社と技術提携
2006年 エコアクション21の認証取得
2008年 広島市安佐南区伴西に本社・工場竣工
2009年 北海道に室蘭出張所を設立
2009年 会社分割により三建ホールディングス株式会社、新:三建産業株式会社スタート
2009年 創立60周年。売上高77億円、従業員143名
2011年 インドネシアのPT.WIN社と合弁で「PT.SWIF ASIA」を設立
2013年 社長万代峻が会長に、取締役大田公生が社長に就任
2017年 タイに「SANKEN INDUSTRIAL FURNACE (THAILAND)
CO.,LTD」を設立
初代社長 万代淑郎
出島工場
広島市中区東千田町本社ビル
2代目社長 三浦四郎
メンテナンス技術部発足
CORECO社から「スウェットファーネス」を技術導入
3代目社長 万代峻
優秀省エネルギー機器受賞
沈陽東大三建工業炉製造有限公司を設立
広島市安佐南区伴西の新社屋
インドネシアのPT.WIN社と合弁で「PT.SWIF ASIA」を設立
タイに「SANKEN INDUSTRIAL FURNACE (THAILAND) CO.,LTD」を設立