ホーム > 企業情報 > 環境への取り組み

環境への取り組み

エコアクション21認証・登録

当社は経営基本理念である「熱とエネルギーに係わる優れた技術と商品とサービスの提供を通じて、地球環境の保全と人類社会の調和のとれた発展に貢献する。」に加え、事業活動全体においても地球環境の保全を目指し、環境経営システムのひとつである「エコアクション21」に取り組むことを決定しました。

「エコアクション21」は環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく環境経営システムです。
まず先陣を切って、本社事務所において2005年9月に活動をスタートし、2012年3月に本社・工場、支社および出張所を含めた全社で「エコアクション21」を認証取得いたしました。

この認証取得を新たな起点として、今後も地球環境の保全と人類社会の調和のとれた発展に貢献するようより一層努力して参ります。

エコアクション21

認証・登録番号 0000723
認証・登録事業者 三建産業株式会社
広島県広島市安佐南区伴西3丁目1番2号
認証・登録の対象 工業炉並びに周辺設備の企画・設計・施工・メンテナンスにかかる業務
対象事業所 本社・工場、東京支社、大阪営業所、中部支社、北海道営業所、北陸営業所、安来営業所
認証・登録日 2006年3月31日
更新・登録日 2020年3月31日
有効期限 2022年3月30日
認証・登録機関 一般財団法人 持続性推進機構

環境経営方針

当社は、よりよい地球環境を目指して行動するため、以下のとおり環境方針を定め、より一層環境への配慮を心がけた活動を推進します。

1.より環境に配慮した工業炉の設計、製造、施工、メンテナンスを推進し、経営理念の実現に努めます。

2.「エコアクション21」に積極的に参加し、これを運用・維持します。

3.省資源・省エネルギー・リサイクル・節水・グリーン購入を推進し、快適な業務環境と調和したエネルギー消費削減に努めます。

4.関連する環境法規制並びに環境条例を遵守します。

5.全社員に対して環境方針を周知し、環境保全意識の定着・向上に努力します。

三建産業とSDGs

SDGs・三建ロゴマーク
 

 長年、三建産業は、工業炉技術の開発・商品開発を通じ、温室効果ガスの排出削減、省エネルギー及び省資源化の実現に取り組むことによって、かけがえのない地球環境の保全に貢献してゆくことを使命とし、その具体的な活動の一つとして、エコアクション21を推進してまいりました。

 三建産業の工業炉を使って製造された自動車・船舶は、世界各地で物流を活性化し、私たちの生活を快適なものへと変えてくれます。また、同じ様に工業炉を使って製造された発電所のタービンやローターは、世界中の人々に電気という生活に欠かせない大事なものを生み出してくれます。

 SDGsはすべての国々に対して、豊かさを追求しながら、地球を守ることを呼びかけています。これは、三建産業の経営基本理念の一つ「熱とエネルギーにかかわる技術と商品とサービスの提供を通じて、地球環境の保全と人類社会の調和のとれた発展に貢献する。」と合致しています。

 
SGPMロゴマーク
 

 2019年11月28日に開催しました「Sanken Global Partners Meeting」の場において、三建グループ企業及びパートナー企業 全12社は「SDGsの理念に賛同し、熱とエネルギーに係る優れた技術と商品とサービスの提供を通じて地球環境の保全と人類社会の調和のとれた発展に貢献すること」を合意し、覚書として署名しました。

 これからも三建産業は、SDGsに賛同し、エコアクション21を通じて、国際的で持続可能な社会発展に貢献してゆきます。

環境活動状況

環境配慮商品技術の開発と拡販

オール電化アルミ溶解炉S-MICの販売促進

 高効率浸漬ヒータ(SAヒーター)を活用した、オール電気式アルミ溶解炉”S-MIC”の販売を促進することで、温室効果ガス削減に貢献します。
 2018年11月のパシフィコ横浜ダイカスト展では、S-MICのおよそ8年の基礎研究の積み重ねの上、“Super S-MIC ”のコンセプトを発表し、多くの関心を集めました。
 2019年には、このSAヒーターを供給するアテルム社(フランス)の持ち株会社アピテルム社の株式をセレス社と共同出資で、三建ホールディングスが35%取得しました。
 当社として最重要戦略製品であるSAヒーターの安定供給体制を確実にし、開発・改良による長寿命化、品質安定化を実現し、競合相手に負けないヒーター開発に参画していきます。

 

温室効果ガス排出削減

本社・支社・営業所の節電・エコドライブ等を実施し、事務所からの温室効果ガスの排出を削減します。

温室効果ガス排出量グラフ
 

‐具体的な取組み事例‐

ノー残業デー画像 エアコン設定温度画像

ノー残業デーの設定

   エアコンの適正温度管理

 

資源の有効活用

鋼材を効率よくカットし、製作時に発生するスクラップの量を低減する(目標値: スクラップ率10%以下)

スクラップ率推移グラフ